大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸管理会社を変更する事は出来るの?

賃貸管理会社を変更する事は出来るの?

マンションなどの賃貸物件において、オーナー側の意向によってパートナーとなっている管理会社を別の会社に変更することは可能です。 たとえば分譲マンションなら、必ず当該マンション専属の管理会社が付いています。賃貸物件と管理会社はあらかじめ一体となっていて変更がきかないものと考えられがちですが、最近ではオーナー自ら管理会社を選び替えることは珍しくありません。

賃貸物件の管理会社は、管理組合の意向によって自由に選択・変更することができます。今回は、マンションの管理会社を変更する際の方法、メリットやデメリットなどについて紹介したいと思います。

管理会社変更のメリットとデメリット

メリット

管理会社を変えるメリットは、第一に「管理費の削減」にあります。 管理会社への委託費について、まだ見直しを行っていない大家さんも多いかと思いますが、改めて目を向けてみると、管理会社の変更によってかなりの割合で費用を削減することが可能です。

また、管理会社の変更によって「サービスの向上」も期待できます。こちらは管理会社それぞれの方針や管理状況にもよりますが、今までの管理体制に何らかの問題がみられる場合、新しい管理会社にすることによってサービスの品質がアップするというものです。

デメリット

管理会社を変更する際のデメリットは、管理費の削減に成功はしたものの管理の品質が落ちてしまうこと、もしくはそれとは反対に、管理の品質は向上したものの管理費の削減ができずに終わってしまうというものです。

費用も品質も、どちらも譲れない条件ですから、管理会社の選定に関してはじっくりと比較検討を行う必要があるでしょう。

管理会社変更の方法

管理会社を変更する場合には、まず候補となる管理会社を募集し、見積もりの取得と内容確認、内定を経た後、物件の入居者に管理会社の変更をできるだけすみやかに通知します。 旧管理会社には3ヶ月前に解約通知を送付し、入居者に対しては、変更の2ヶ月前程度を目途にして、管理会社の変更と家賃の振り込み先を明記した書面を送付します。

契約内容の確認と書き換えなども必要に応じて行います。以前の管理会社と新しい管理会社との間に、契約内容に関して違いがないかどうかを確認します。 物件内の巡回や修繕に関する建物のチェック・診断、配管検査などさまざまな業務内容を確認し、変更がある場合は契約書の書き換えを行って、入居者への説明と了承も得ておくようにします。

次に金銭についての変更方法ですが、入居者から敷金などの預かり金を預かっている場合には、二つの管理会社の間で引き継ぎを行い、保管方法を新しい管理会社との間で協議します。 新しい管理会社の体制や担当者のチェックも同時に行います。窓口となる部署、担当者の連絡先など細かいところまで確認します。

管理会社変更上の注意点

管理会社に管理を任せる際、同じ業務内容ならばできるだけ金額が安い方にお任せしたいと思うものです。 しかし、費用削減というだけで変更を決めてしまうと、業務内容に関して旧管理会社よりも品質が劣っている場合もあります。その際は、オーナー側でしなければならないことが増えるため、結果的に変更しなければ良かったということになります。

デメリットの件でも述べましたが、候補となる管理会社から提出された見積もりの条件は、各社ごとに細かくチェックをする必要があります。 会社が変わればサポート内容も変わり、必ずしもまったく同じというわけではありませんので、管理組合が求めている条件と候補となる管理会社のサポート内容の一致度を確認してみてください。