大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸経営は法人化したほうがよい?

賃貸経営は法人化したほうがよい?

賃貸経営は法人化したほうがよいのでしょうか?法人化する場合のメリットや適したタイミングなどについて紹介します。

賃貸経営を法人化することのメリット

賃貸経営を始めて軌道に乗ってきたという人は、法人化することによって多くのメリットを享受することができます。

所得税や住民税を節税できる

個人で賃貸経営をしている場合、それによって得た収入は所得税の課税対象になり、収入金額が多くなればなるほど税率も高くなってしまいます。もし、企業などに勤めていて本業をお持ちの場合、その給与に不動産所得をあわせたものが合計所得額となるため、税金はさらに高くなってしまいます。
たとえば、個人の場合、所得金額の合計が195万円以下なら所得税と住民税を合わせた税率は15%ですが、330万円までは20%、695万円までは30%、900万円までは33%と段階的に増えていきます。1800万円を超える場合には税率が50%になるため、所得の半分を税金として支払わなければならなくなります。
しかし、法人の場合は所得金額が400万円以下なら所得税や法人税を合わせた税率は約22%、800万円以下なら25%、800万円を超える場合は38%までが上限となるため、所得金額が高い場合は法人化することで大きな節税をすることが可能なのです。
本業だけですでに800万円以上の所得を得ている場合には、最初から法人化することが節税対策として高い効果を上げるでしょう。

役員報酬で節税できる

法人化した場合、オーナー自身やその家族に役員報酬として給与を支払うことができます。
そうすると所得を分散でき、報酬分で所得控除を受けられるため、節税対策として有効です。
また、家族以外にも知り合いに仕事を手伝ってもらった場合にアルバイト代などとして報酬を支払うことができるので、効率的に所得分散できます。

相続税対策になる

個人で不動産を持っている場合、その不動産を相続させる場合には相続税がかかりますが、法人化していれば役員を変更すれば相続税をかけずに引き渡すことができます。
また、相続する子や孫が複数人いる場合は、株式会社にしておけば土地を分割して価値を下げることなく、株式を分割して相続させることも可能です。

法人化するタイミング

所得金額の合計が900万円を超えるかどうか

一概にはいえませんが、所得合計金額が900万円を超える場合は法人化したほうが税率が低くなります。不動産所得と企業などの給与を合わせた所得額でどちらにするかの判断しましょう。
ただ、課税所得金額は経費などを差し引いた金額になりますので、単純に不動産によって得た収入だけで計算するのではなく、利益になる金額で計算してみてください。

法人化にかかる手間や費用などのリスクも検討する

賃貸経営を法人化するとメリットだらけのように感じますが、やはり法人化するには司法書士に依頼して書類を作成したり、それに支払う報酬や登録免許税がかかったりと、いろいろな手間や費用も必要になってきます。
また、社会保険料の強制加入や厳密な会計処理なども要求されますので、今まで以上にしっかりした管理が必要になるでしょう。
ほかにも、副業禁止の企業に勤めている場合は役員になれない、収支が赤字になった場合でも法人税を払い続ける必要があるといったリスクも存在するため、「節税できるから」という理由だけで安易に法人化することは危険な場合もあります。
法人化するかどうかは、専門家に相談し数年後の経営状況などを予測して慎重に検討することをおすすめします。