大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸管理とサブリースの違い

賃貸管理とサブリースの違い

アパート・マンション経営において、賃貸管理とサブリースの違いについて、それぞれのメリットや注意点なども交えながら解説します。

賃貸管理とサブリース、どちらを選ぶべきか…

サブリースという言葉は、既に賃貸経営をされている方や検討している方にはお馴染みかも知れません。

subleaseという英語本来の意味は「又貸し」ですが、不動産業界では「一括借り上げ方式」のこと。

簡単に説明すると、賃貸管理会社が一括で物件を借り、毎月の借り上げ料をオーナーが受け取るといった方式です。

サブリースのメリット

このサブリースの一番のメリットは、空室や家賃滞納の有無にかかわらず、オーナーには一定の額が必ず入ってくるということです。

前までは、大企業が主に先立って行ってきた手法ではありますが、最近の賃貸管理では主流になってきているようです。

賃貸物件オーナーにとって、大きな安心をもたらしてくれるのは魅力と言えるでしょう。

サブリースを契約する際の注意点

ひと口にサブリースと言っても、実施する業者によって内容や条件、期間などは実に千差万別です。

これらをしっかり検討せずに安易に契約してしまうと、結果的に物件オーナーが損や不利益を被るケースも起こりえるのです。

実際に「30年一括と言っておきながら、契約書面上では一定期間になっていた…」といったこともあり、大企業・中小企業関わらず、注意しないといけません。

逆に、契約期間は10年程度であったとしても、借り上げ賃料の見直しを条件とせず固定としている業者であれば信頼度は高いです。

営業エリアにおける仲介力・客付け力に自信を持っているとも言えますので、オーナーさんも安心できますね。

賃貸管理のメリット

サブリースに比べ賃貸管理の方にメリットがあるという点は、ズバリ手数料の差。

言うまでもありませんが、サブリースは一般的な管理代行委託の場合と比べ、手数料は割高になります。

立地や賃料設定、設備の人気といった強みがあり、入居率の高さが見込めるのであれば、サブリースより賃貸管理を選択した方がよいというケースも。この点もしっかり考慮しておくべきです。