大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » マンション・マンションの管理方式

マンション・マンションの管理方式

マンション管理・アパート管理を委託する、そのやり方の種類やそれぞれのメリットなどについてまとめました。

マンション・アパート管理の委託、その方法と種類

マンション管理やアパート管理は「餅は餅屋」の諺の通り、プロである専門業者に依頼するのが懸命です。

『管理業務』と言っても、やるべき業務は膨大で、すべてを一人でこなすのはかなり大変。本業が他にあり、賃貸経営は副業という場合はなおさらです。

しかし、例えばすでに定年退職されて時間を持て余しており、ご自宅と賃貸物件も徒歩圏内といった場合には、部分的、あるいはすべてを自分で行うといったことも不可能ではありません。

以上の事柄を踏まえ、マンション・アパート管理には、以下の3つの方法があることを知っておいてください。

どれを選ぶべきかは、それぞれのメリットやご自身のライフスタイルなどと照らし合わせて決めるとよいでしょう。

全面委託方式

日常の清掃から、設備類のメンテナンス、住人からのクレーム対応、家賃徴収など、文字通りすべてを委託してしまう方式。

会社務めや自営業などの本業をお持ちの場合や、ご自宅と賃貸物件が離れている場合などには最適と言えます。

管理業務の手間暇からは一切解放されますが、その分、費用の面でも一番高くなります。また管理会社に任せっぱなしとなるため、信頼できる業者選びが重要です。

部分委託方式

例えば日常の清掃や家賃徴収など、管理業務の一部は自ら行い、設備類のメンテナンス、住人からのクレーム対応などは専門業者に委託するという方式です。

全面委託方式に比べれば、費用面を安く抑えられるのがメリット。

しかし、その分、自らやらなければならないことも増えてくるといった具合です。

また、業務のうち、どこからどこまでを委託し、どこまでをご自身で行うかは、業者との話し会い次第となります。また業者によっては、この方式を受け付けない場合も。

自主管理

日常の清掃から住民のクレーム対応までをすべてご自身で行う方式です。

設備類のメンテナンスなどは、必要に応じて自ら選んだ業者などに依頼します。

費用の面では一番安くつきますが、その分、すべてをご自身で行う必要があります。

前述の通り、定年退職されたなどで時間があり、物件が自宅からほど近い場合などには十分行えますが、それ以外の場合などには、あまり現実的とは言えません。