大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸管理会社の目安「入居率」とは?

賃貸管理会社の目安「入居率」とは?

「入居率」「空室率」とは、賃貸物件の入居中の部屋、または未入居の空室スペースが、全体の部屋数やスペースに対して占めている割合のことを指します。入居率が高ければオーナーの収益は上がり、空室率が高ければ収益は下がります。

「入居率」は全体に対する入居の割合のことであり、対する「空室率」は全体に対する空室のある割合となります。これらは賃貸物件や貸しビルなどについての割合となります。

賃貸用の物件の場合、空室率は収益に直結する指標です。そのため、大家さんにとっては入居率をいかにして高めるかが重要な要素となります。

空室率については、全体のうちどれほど空きが出ているかを割合として算出するものですが、何を「全体」とするかによって求め方が異なっています。①戸数 ②床面積 ③賃料と、それぞれをベースにして空室率を算出することができます。

戸数を基準にした場合、20室中5室が空きになっていれば、「5÷20=25%」という計算式になります。床面積を基準にする場合には、1000㎡中250㎡が空室であるとして、「250÷1000=25%」という計算式になります。

最後に賃料を基準にした場合には、それぞれの物件の間取りや階数などによって求め方が異なります。たとえば最上階の2軒が10万円の物件であるとして、それ以外の4軒が8万円、空室が10万円と8万円の1軒ずつであるとすると、全体の賃料の合計を求めてから空室分の合計も求めましょう。

「(10+8)(空室の賃料の合計)÷(20+32)(全体の賃料の合計)=34.6%」という計算式になります。※答えは四捨五入

これから投資を検討している物件については、入居率と空室率をチェックし、最適な物件を選ぶ必要がありますし、狙っている物件の近隣にある同じような条件の物件などとも比較して、相対的に投資にふさわしい場所を選び出すことが大切です。

入居率や空室率の統計は、総務省統計局が5年ごとに発表している「住宅・土地統計調査」や、それを基にして独自に全国賃貸住宅経営者協会連合会が算出している「民間賃貸住宅(共同住宅)戸数及び空き戸数並びに空き室率」などで知ることができます。

空室率については各物件や物件のあるエリアごとに違いがあり、常に需要が見込めるところもあれば、空室が目立つところもあります。

近年では地震などの天災に備えるため、木造よりもコンクリートの建物に注目が集まっているなど、現代的な特徴もみられます。そのようなニーズを鑑みつつ、空室を少しでも埋める工夫が求められています。

ただし、少子高齢化によって高齢者の単身世帯や独身者の増加などが見込まれるため、低価格帯の物件にも注目が集まっています。

コンクリート造ではないからといって入居率が必ずしも低いとは限らず、需要を的確に判断しながら応えていくことで、入居率に関する問題も改善されると考えられます。

また、物件の状態に応じて部屋の内装や外観をリノベーションしたり、ペット可物件にするなどの入居条件および金銭面を緩和させたりすることも、入居率の向上につながります。

人口減少や都市への一極集中などにともなって、マンションやアパートなどの賃貸物件の空室率が0%というところはあまり多くはありません。

大家さんにしてみれば、家賃収入が減ってしまうのは大きな問題ですが、必ずしも0%にはならないということを踏まえつつ、その時々で入居率や空室率を把握し、ニーズに沿ったサービスを展開していくことが求められます。

これから賃貸物件の維持管理、もしくは投資を行う際には、上記で紹介した点を踏まえながら、物件のあるエリアの将来性や周辺環境なども含め、総合的に判断をしていきたいところです。