大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » マンション管理会社とは?どんな役割?

マンション管理会社とは?どんな役割?

マンションの管理会社とは、管理組合によって業務を委託されることにより、さまざまなマンション内の業務を担当する会社のことです。

管理組合との間でかわされる「管理委託契約」の中では、マンション管理会社は「基幹業務」と呼ばれる業務を請け負うと規定されています。

具体的には、管理組合の会計の収入および支出の調停・収支予算および収支決算の素案作成・収支状況の報告など財務に関わる業務のほか、マンションの管理費や修繕積立金などの金銭の収納・管理費を滞納している入居者に対する督促なども行います。

その他、金銭に関わる業務としては、通帳などの保管や経費の支払い、帳簿などの管理といった業務も行います。

マンションの維持に関しては、老朽化した部分や破損した箇所への修繕に関する企画や実施についての調整、マンションが経年劣化した際に、それぞれの状況に基づいた工事内容などのアドバイスも行います。

管理組合と管理会社は似たものとして混同されやすいのですが、管理組合はマンションの所有者によってつくられる組合のことで、管理会社はマンションから維持管理業務だけを委託される会社になります。そのため、両者はそれぞれ異なる業務を行います。

中には管理組合自身が自発的にマンションを管理する形もみられますが、最近ではほとんどのマンションが管理会社に管理費を支払い、業務を委託しています。

管理会社はマンションの管理組合に選ばれてから、管理組合側と管理委託契約を交わします。契約を交わさなければ、マンションの管理を受託することはできません。マンションの維持に関わる基本的な事務管理のほか、管理人としての業務や各種清掃、建物設備の維持管理などを基本として行います。

ただし、管理会社はマンションの維持だけでなく、その他の業務を引き受ける場合もあります。それは、住民同士のトラブルや騒音に関する対策、防災・防犯対策といった業務です。

住民同士のトラブルは、騒音や迷惑行為などをきっかけとするものが多くみられます。本来であれば、住民同士で話をつけるべきものなのですが、それでは話がこじれてしまうケースも少なくありません。そこで管理会社は、マンションの入居者がいかにして快適に生活できるかを考え、判断しなくてはなりません。

マンション内のトラブルに関する管理会社の役割としては、管理組合にトラブルの発生を報告し、共有部におけるマナーをしっかりと守るようにうながします。次に、マンション全体で決められている使用細則について、入居者全員に文書などで周知をします。

住民同士の個別のトラブルに割って入るようなことはしませんが、事態が決着しなければ、特定の入居者への申入書を作成し、提出します。この時、マンションの管理組合にも事前に提案をしておかなければなりません。

マンション内のトラブルに関する規則が存在しない場合は、使用細則の原案などを作成して管理組合に提案します。

残念ながらすべてのマンションでこのような対策が取られているわけではありません。トラブルへの対応が遅れがちであったり、基本的な管理業務で手一杯であるといったケースも少なくないようです。

特に近年では、地震や火事などの自然災害に対する防災対策が急務とされており、中小規模のマンションについても防災マニュアルの策定が急がれています。

老朽化が著しいマンションでは、災害とそれにともなうマンションの破損などに備えるための計画案の策定や、災害直後からライフラインが復旧するまでの備えなどが必須となっています。

中には防災対策が行き届いているマンションもあり、防災マニュアルから物資の準備、周辺の防災情報の取得やマンション全体での防災訓練などが実施されています。