大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸住宅紛争防止条例とは

賃貸住宅紛争防止条例とは

平成16年に東京都で施行された、賃貸住宅紛争防止条例について解説します。

東京の大家さん必見の、賃貸住宅紛争防止条例

賃貸住宅紛争防止条例という名称だけを見ると、なにやら大仰で弁護士さんなどに依頼すべき事案のように思われますが、そこまで深刻なハナシではありません。

簡単に言えば、住宅の賃貸において、貸主と借主の間のトラブルを防止するために制定されたもの。

より詳しく掘り下げれば、近年トラブルになりがちな、賃貸物件の原状回復とそれに伴う敷金精算に関するガイドラインということになります。

例えば、とある借主がとある賃貸物件に10年あるいはそれ以上の長期間住み続けた後に退去することになったと仮定します。

当然、その物件を次の借主に貸し出すために、大家さんは原状回復を行うことになります。

その際に預かっている敷金でどこまでの原状回復を行うかによって、近年、貸主と借主の間のトラブルが起きやすくなっているのです。

長年住み続けたことにより、敷金や賃貸契約に関する時流が変化しており、貸主と借主との間に、認識の違いやギャップ、情報不足などが生じてしまっていることが主たる原因です。

上記のような問題の解決策として、東京都は賃貸住宅紛争防止条例を定めました。

賃貸住宅紛争防止条例の内容とは

この条例は、借主に前もってトラブルの原因となる事項を明らかにし、原状回復や修繕の費用について、説明を行わなければならないという条例です。

すなわち、東京都の大家さんは、自主管理をしている場合、自らこうした責務を果たす必要があるということ。

この条例は平成16年以降の新規規約時に適用され、継続更新契約の場合は適用外となっているため、大家さんでも実はご存知ないという方も実は多いのが現実です。

当然ながら契約書なども適宜見直しや改善していかなければなりません。

自主管理にこだわりたいので、この点についても勉強したいという方はさておき、本業を持つ方がこの点についても習得していくのはなかなかな困難です。

やはり、その道のプロである賃貸管理会社に依頼するのが望ましいと言えるでしょう。

貸主負担となるもの

  • 次の入居者を確保する為に行う畳の交換、網戸の交換、浴槽、風呂釜等の取替え、カギの取替えなど
  • 家具などによる床・カーペットのへこみ、設置跡の修繕
  • テレビ・冷蔵庫など電化製品の後部壁面の黒ずみ(電気焼け)
  • ポスターを貼ったことによるクロスの変色など
  • エアコンなどの設置による壁穴
  • フローリングのワックスがけ、水回りなどのハウスクリーニングなど
  • 耐用年数を迎えた設備や機器の故障や使用不能状態
  • 建物の構造的な欠陥により発生した畳の変色、フローリングの色落ち、網入りガラスの亀裂など

借主負担となるもの

  • 賃借人の不注意により雨が吹き込んできたような場合のフローリングの色落ち
  • 飲みこぼし、結露放置、その他液体によるカビやシミ
  • 風呂、トイレなどの設備破損
  • 引越し作業や模様替えによるフローリングの傷跡
  • ペットによる柱や壁などのキズ