大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » アパート・マンション管理の基礎知識 » 賃貸管理会社の選び方のコツを教えて?

賃貸管理会社の選び方のコツを教えて?

賃貸管理会社を選ぶ際には、見積もりを依頼し、候補となる管理会社からのプレゼンテーション(理事会・住民への説明会)を開催して、内定へと運びます。 スムーズに管理会社を選ぶためには、以下に紹介するポイントやコツを押さえたうえで、候補となる会社をピックアップしていきましょう。

担当者と接する機会を持つ

管理会社を募集し、候補が集まったところで選定が始まります。その際、管理会社の営業担当者や窓口の担当者と接する機会がありますが、「賃貸物件の管理を直に担当してくれる方」との面談は必ず行っておきましょう。 なぜならば、管理会社の営業担当者などはあくまでも管理開始までの担当者であり、その後は別の方に管理を任すといったケースがあるためです。管理が始まってからでは遅いので、必ず現場を担当してくれる人と接するようにしましょう。

面談に際しては、過去に起きた問題への解決事例や賃貸物件管理の経験、サービス面でのアピールポイント、具体的な問題が発生した時にどのようにして対応してくれるかなど、具体的なところまで話をしておくことが大切です。

管理会社の管理運営状況やサポート体制を確認する

管理会社が変われば、サポート体制や内容にも変更が生じます。そのため、選定の段階で管理会社の運営状況や具体的なサービス内容を細かく確認し、プレゼンテーションの場でもじっくりと話を聞くようにします。 管理会社によっては、口コミや評判が非常に良いところや、いわゆる大手と呼ばれる知名度の高い会社もあります。しかしそれだけを信じすぎることは危険であり、管理体制がきちんと整っていて、こちらの求めに応じてくれるかどうかを確認しなければなりません。

管理戸数が多いということは、その管理会社への安心材料となりますが、その点だけを見て「理想的な管理会社」と呼べるかどうかは難しいところです。 実際の会社の担当者や上司と会い、面談や打ち合わせなどさまざまな顔合わせの機会を利用して、管理運営に対する状況やその管理会社との「相性」をチェックしてみてください。

管理会社の変更には全員の合意形成が重要

管理会社の募集・選定・面談・変更までの間には、管理組合や理事会が中心となって動いていきます。その際、メンバー全員の合意がきちんと取れているかどうかが、スムーズに管理会社を選ぶうえでのポイントになります。 決め事においては、意見が十分にヒアリングできておらず、管理組合の中に不満を持っている方がいる場合も。

まずは、管理組合が求めている管理会社はどのような条件なのか、良い管理会社とは何なのかをチェックし、一人一人の意見を聞いていくことが大切です。その際には相手の管理会社の営業担当者や現場の管理担当者とも会ってみて、話を伺いながら合意を確実なものにしていくようにします。 管理組合の組合員同士が、合意形成をしていないために直接トラブルになることもあります。その際は、管理会社を変更するべきかどうか話し合いの場を設けたり、アンケートによる意見調整、会合などさまざまな方法を通じて、気持ちを一つにしていくようにします。

このように、管理会社の変更には、組合員同士の意見が合わないためにトラブルになるケースが少なくありません。しかし、上記で紹介した方法でじっくりと管理会社の選定やチェックを行い、合意形成を取っておくことによって、トラブルを減らしつつ頼りになる管理会社を選ぶことが可能となります。