大家さん必見!東京の賃貸管理会社ナビ
業者選びから基礎知識まで、賃貸管理徹底ガイド@東京

MAPからおすすめ業者を見る 城北エリア 城西エリア 都心部エリア 城東エリア 城南エリア
【城北エリア】台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区
MDI_ヘッダー画像
城北地区のおすすめ管理業者
MDI
賃貸管理から建設まで手掛けるMDI。オーナーへの提案力の高さや管理経営のトータルサポートを徹底しています。協力会社のネットワークにも優れており、オーナーにとって安心できるシステムが完備されています。
入居率
99%

公式ページで詳しく見る

【城西エリア】世田谷区、中野区、杉並区
大幸ホーム_ヘッダー画像
城西地区のおすすめ管理業者
大幸ホーム
地域密着型30年以上で、杉並区・中野区エリアから圧倒的な信頼を集めています。空室対策・保証が充実しており、空室率5%以下を実現。3,000戸以上の管理物件を抱えながらも、一人一人のオーナーにこまめな連絡を取るなど、他業者とは一線を画しています。
入居率
95%

公式ページで詳しく見る

【都心部エリア】千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
アレップス_ヘッダー画像
都心部地区のおすすめ管理業者
アレップス
不動産業務を総合的に手掛け、首都圏に70店舗以上を展開する大手不動産会社。グループ各社とのネットワークに長けており、賃貸管理のノウハウを駆使してワンストップ対応を実現している。
入居率
97%

公式ページで詳しく見る

【城東エリア】江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区
CLC_ヘッダー画像
城東地区のおすすめ管理業者
CLCコーポレーション
大規模マンションの賃貸管理も手掛けるほど、幅広い種類の物件に対応できる業界大手。3つの賃貸管理サポートにより、賃料徴収や保証制度、緊急対応に関しても心配することなく、大手ならではのノウハウや熟練度がうかがえます。
入居率
未記載

公式ページで詳しく見る

【城南エリア】目黒区、品川区、大田区
ハウスメイト_ヘッダー画像
城南地区のおすすめ管理業者
ハウスメイトパートナーズ
全国規模で賃貸管理を行っている大手傘下のハウスメイトパートナーズ。空室保証や集金管理システムに力を入れており、また24時間365日のトラブル対応を行っているので、オーナーにとって安心して任せられる会社です。
入居率
98%

公式ページで詳しく見る

HOME » 東京都内の賃貸管理会社リスト【城西エリア編】

東京都内の賃貸管理会社リスト【城西エリア編】

東京・城西エリアに対応している賃貸管理会社をピックアップし、各社の特色やサービス内容、評判・口コミ、会社概要などを紹介していきます。

東京・城西エリアの賃貸管理会社と地域の特色

文字通り23区の西部に位置し、東京都市部あるいは多摩川を挟み神奈川県とも隣接。下北沢、三軒茶屋、荻窪といった繁華街も有するものの、主要幹線道路から一歩奥に入れば、大部分は住宅地。

住むためのエリアとして人気が高く、持ち家と賃貸物件の双方が軒を連ねています。では、城西エリアに対応している不動産業者の概要をご覧ください。

大幸ホーム

杉並で30年の地域密着型業者。全管理物件の実に91.1%が杉並区内の物件で、賃貸管理物件数は約3,200戸、加えて駐車場管理も約700台という実績を誇っています。

グループに仲介会社もあり、市場動向や家賃相場などにも精通。地域に根ざした空室対策・広告戦略を駆使して、空室率5%以下を実現しています。

杉並区エリアに強い大幸ホームの詳細をチェック!

杉山商事

杉並区阿佐ヶ谷に根ざして47年という、地域密着型の不動産業者です。自社内に営業部、管理部、メンテナンス部門を擁し、入居者募集から原状回復までワンストップ対応。

管理メニューはオーナーの要望や物件特性に応じ、管理内容を任意に選択可能な方式。礼金・敷金・仲介手数料不要の「トリプルZERO」物件も取扱っています。 

杉並区エリアに強い杉山商事の詳細をチェック!

浜商不動産

西荻窪に根ざしして40年の、地域に精通したスペシャリスト。若き2代目社長が、精力的に事業を展開。メディアにも度々登場しています。

女性スタッフを取り入れ、女性客からの評判も高いとのこと。地域情報も積極的に発信しており、オシャレな雰囲気を醸し出しています。

賃貸管理については、オーナーの業務を希望に応じ任意で委託できる方式です。  

杉並区エリアに強い浜商不動産の詳細をチェック!

城西プロパティ

設立2009年という若い業者ながら、すでに管理物件数2,000戸以上という実績を持つ。

とりわけ空室対策には注力しており、同社への依頼から1ヶ月以内での入居達成は実に85%。また管理においても、物件に対する不満や不具合などを住人にヒアリングし、改善や対応をしっかり行うことで、住民の定着率を高めているとのこと。 

城西エリアに強い城西プロパティの詳細をチェック!

フジミ株式会社

下北沢ならびに高円寺に拠点を展開し、管理戸数は7,000戸と訴求されています。

テレビCMなどでもお馴染みの大手不動産業者、積和不動産が展開するチェーン「MAST」の特約店であり、また天下の東京大学を筆頭に、いくつかの大学生協の指定業者となっている店も大きな強みです。

サブリースから、建物の巡回管理のみまで選択可能となっています。 

杉並区エリアに強いフジミ株式会社の詳細をチェック!

三幸ハウス

創業30年以上、管理戸数約13,000件という実績を誇り、都内12店舗を展開しまた自社仲介にこだわらず、物件情報を周囲の同業者に公開し、スピーディな客付で空室期間の短縮化を図っているとのこと。

賃貸管理プランに関しては、オーナーの要望や物件、立地などに併せ、複数の選択肢から選べる方式となっています。 

城西エリアに強い三幸ハウスの詳細をチェック!

東京・城西エリアの詳しい定義

東京には「城東」「城西」「城北」「城南」と、江戸城(皇居)を中心に東西南北にある地域を4つに区分けしています。

現在でいえば、皇居がある千代田区以外の22区が4つに分けられており、そのうちの「城西」エリアは新宿区・渋谷区・中野区・世田谷区・杉並区・練馬区を指します。

東京を代表する大都市の一つである新宿や渋谷は、現在も開発が著しい地域であり、新宿は東京の副都心としての機能を担っています。

対して中野区・練馬区・杉並区は都心に通勤・通学に出かける人が住む住宅地の街として活用されており、世田谷区は高級住宅街を擁するベッドタウンとしても知られています。

人口数で見れば、世田谷区は23区中1位、練馬区は2位と、1位2位を独占。中野区は13位、杉並区も6位と、いずれも東京都内23区の多くの割合を占めています。城西地区全体で見ると、全体の20%の人口を占めています。

このことからも、城西エリアは都心に通勤や通学に行く人の集まる地域であり、同時に人口が集中しやすいエリア、住みやすさや家賃相場なども比較的手ごろであると考えることができます。

城西地区は各区によって街の雰囲気が異なりますが、住宅地であることに関しては共通しており、他県からの引っ越し、あるいは東京都内での引っ越し先としても人気を誇っています。

住みやすさについてはさまざまな理由が挙げられますが、人口が多いことからコンビニエンスストアやスーパーマーケットが充実し、昔ながらの商店街も活気に満ちています。人口の集中率にも関わらず治安が比較的良いため、都会でも落ち着いた暮らしが満喫できます。

城西エリアの家賃相場

城西エリアは他のエリアに比べて比較的家賃相場が低く、世田谷など一部の高級住宅地付近を除けば、ほぼ平均的かそれ以下の水準で住宅に入居することができます。(成城などの高級住宅街は他よりも2割程度相場がアップします)

各区を詳しく見ていくと、中野区は駅を中心としてサブカルチャーに力を入れている街として知られています。そのため若者の流入が多く、新宿へのアクセスもスムーズであるため、若い人向けの賃貸が充実しています。

杉並区については、閑静な戸建ての住宅が多数を占めるエリアです。自然色も豊かであり、閑静な住宅街といった雰囲気でベッドタウンとして活用されています。高円寺などショッピングに便利な地域もあるため、総合的に住みやすい街と言えるでしょう。

練馬区は城西エリアの中でもっとも家賃相場が低い地域です。やや郊外寄りといった雰囲気があり、埼玉県との境目には田畑などの自然風景も広がっています。

そのため、東京都にありながら自然にも身近に接したい方、家賃相場の高すぎない物件を求める方に人気があります。

東京都武蔵野市と接する場所に関しては、人気の高い吉祥寺に近しい場所にありながら、武蔵野市の家賃相場より1割程度低く設定されており、安く物件を借りたい方に向いているエリアと言えます。

城西エリアは東京都の中でも西側、埼玉県や隣の市と接する場所に位置しているため、都心らしい雰囲気はありませんが、都心にはない家賃相場が期待できるのが現状です。

将来的には沿道や河川の緑化などが進められる予定で、自然環境が今まで以上に整うといった構想もあり、より住みやすい住宅地として整備される予定です。

生活道路については、東京都大田区から千葉県市川市に至る「東京外郭環状道路(外環道)」の整備にともなって安定的に通行ができるようになり(世田谷区・杉並区・練馬区が該当)、練馬区については都営地下鉄大江戸線、東京メトロ副都心線がそれぞれ開通します。

手ごろな家賃相場だけでなく、緑化や交通網の整備、治水や災害対策など多種多様な街づくりが進んでいるため、城西エリアには他にはない住みやすさが期待できると言えるでしょう。

城西エリアの賃貸管理する時の注意点

城西エリアで特に人気が高い地域・低い地域

城西エリア内で特に人気が高いと言われている地域には「渋谷区」「新宿区」が挙げられます。

渋谷といえばファッションや流行の発信地であり、東京有数の大都市として知られるエリア。新宿については、東京の副都心として脚光を浴びるエリアとして知られています。

中でも新宿から三鷹の間は、単身者の需要が高いため、住みたい街の上位ランキングにも登場するほどの人気を誇っています。需要が高いために土地価も高くなりがちなので、手ごろな物件が見つけられればすぐに入居しておきたいところです。

住宅街として知られる練馬区については、「上石神井」「大泉学園」が高級住宅地として知られています。こちらは他のエリアに比べてやや土地価が高めの印象がありますが、駅から徒歩圏内にある物件などは人気が高くなっています。

城西エリアのうち、比較的人気が高い街が「池袋」です。分類上は豊島区であるため城北区に入っていますが、城西エリアに隣接しており、都心部への通勤や通学にも便利であるため、交通の利便性からも注目されているエリアとなっています。

城西エリアのうち人気がそれほど高くない地域としては、「西新宿」や「東新宿」など、新宿区の少し端のエリアが挙げられます。こちらは古い町並みが並ぶ昔ながらのエリアとなっており、同じ新宿区の中でも賃貸需要がそれほど高くないことで知られています。

城西エリアならではの賃貸管理の苦労

城西エリアには、東京有数の繁華街である新宿区があり、さらに新宿区の中には伝統的にアジア人が多く居住する新大久保などの街があります。

治安状況としては、人が多く集まる繁華街は基本的に夕方~明け方にかけて注意が必要です。一人暮らしや単身者の方は、住まいへの侵入や空き巣、路上での強盗被害などの危険を被りやすいと言われていますが、近年では治安状況が改善しつつあるエリアもみられます。

また、言葉の通じない外国人の入居者を抱える賃貸物件では、オーナーと入居者の間でやり取りがスムーズにいかずに苦労したり、入居者がなかなか退去に応じてくれない、騒音やゴミなどのトラブルが発生するなどといった生活面での苦労も少なくないようです。

特に新宿区ではアジア以外の地域(東南アジアや中東など)からの入居者も増えており、住民の多様化が進むとともに、生活や文化の違いからくるトラブルや、外国人同士の問題なども発生しています。

古くからある物件などでは、老朽化にともなって室内設備の刷新やリフォームなどを積極的に進めていきたいところですが、入居者が頻繁に入れ替わるなどして、なかなかリフォームが進まないケースもみられます。

駅から離れている物件の管理

城西エリアのうち、駅から少し離れているエリアとしては「北池袋」や中野区の「本天沼」などが挙げられます。徒歩でも駅まで10分以上かかるエリアということで、自家用車を使って移動をしたり、自転車を活用する住人が多い地域でもあります。

このように、駅から離れている物件については多少の空室が発生する可能性があります。

近年、通勤や通学に「駅チカ」であることが一つの条件となっているため、空室があまりにも目立つ場合は、駅からの距離ではなく室内設備の充実やサポート体制のアピール、賃貸管理会社の変更などといった方法を考える必要があるでしょう。

他にも、病院やコンビニエンスストアに近い、スーパーまで徒歩○分というように、それぞれのエリアならではの住みやすさをアピールする方法も有効です。

たとえ駅から離れていても、上記のようなアピールポイントに惹かれて入居を考える方も少なくないため、それぞれの物件ならではの魅力をしっかりと押さえつつ、アピールを考えていきたいところです。